home

医王庵とは

医王庵住人

医王庵 応援団

イベント お知らせ

医王庵日記 (ブログ)

医王庵の 生き物図鑑

販売物

access

link

  

医王庵の生き物図鑑

哺乳類 鳥類 爬虫類 両生類 魚類 昆虫 水生生物 樹木

鳥類

 キジ(Phasianus versicolor)
キジ科<キジ属<キジ
全長 ♂80-120㎝ ♀50-60㎝

 オスの尾は長く、目の周りに赤い肉腫があり、羽色も光沢があり美しく、日本の国鳥に指定されている。メスは全体的に褐色で地味である。

 カルガモAnas poecilorhyncha
カモ科<マガモ属<カルガモ
全長 61㎝ 翼開長 90㎝

 オスはメスよりやや黒っぽいなどわずかな違いはあるが、カモ類の中では珍しく、外見的に雌雄の違いがあまりない。

 アオサギMotacilla cinerea
サギ科<アオサギ属<アオサギ
全長 90-98㎝ 翼開長 150-170㎝ 体重 1.2-1.8㎏

 日本で最も大型のサギで水辺で待ち伏せまたは歩きながら餌を探し、主に魚やカエルなどを捕らえて食べることが多い。

 ハイタカAccipiter nisus
タカ科<ハイタカ属<ハイタカ
全長 ♂32㎝ ♀39㎝ 翼開長 62-76㎝

 
主に小鳥類を捕食するハトくらいの大きさの小型の猛禽類である。

 フクロウ(Strix uralensis
フクロウ科<フクロウ属<フクロウ
全長 48-52㎝ 翼開長 94-110㎝

 夜行性で、特殊な羽を持っており、飛翔中にほとんど音をたてずにネズミなどの小型哺乳類を主に捕らえて食べる。

 カワセミ(Alcedo atthis
カワセミ科<カワセミ属<カワセミ
全長 17㎝

 水辺に生息し、枝に止まって待ち伏せしたり、ホバリング(空中停止飛行)してから水中に飛び込み、魚や水生昆虫などを捕食する。美しい羽色から『渓流の宝石』と言われる。

 モズ(Alcedo atthis
モズ科<モズ属<モズ
全長 20㎝

 動物食で捕らえた獲物を木の枝などに刺したり挟んだりすることから『モズのはやにえ』として知られている。

 ミソサザイ(Troglodytes troglodytes
ミソサザイ科<ミソサザイ属<ミソサザイ
全長 11㎝

 低山帯から亜高山帯の繁った森林などに生息し、小さな体からは想像出来ないほどの声量で美しいさえずりをする。

 ジョウビタキPhoenicurus auroreus
ツグミ科<ジョウビタキ属<ジョウビタキ
全長 14㎝

 日本には主に冬鳥として飛来し、市街地から農耕地、河川敷などの開けた環境を好む。

 キセキレイMotacilla cinerea
セキレイ科<セキレイ属<キセキレイ
全長 20㎝

 日本各地の水辺に生息し、繁殖期には渓流など比較的上流の環境を好むため同属のセグロセキレイやハクセキレイなどと棲み分けていると考えられる。

キジ科
 ・ヤマドリ・キジ
カモ科
 ・マガモ・カルガモ
ハト科
 ・キジバト・アオバト
サギ科
 ・ゴイサギ・アマサギ・アオサギ・ダイサギ・チュウサギ・コサギ
カッコウ科
 ・ホトトギス・カッコウ
ミサゴ科
 ・ミサゴ
タカ科
 ・トビ・ツミ・ハイタカ・サシバ・ノスリ・ハチクマ
フクロウ科
 ・フクロウ
カワセミ科
 ・カワセミ
ブッポウソウ科
 ・ブッポウソウ
キツツキ科
 ・コゲラ・アオゲラ
ハヤブサ科
 ・ハヤブサ
カササギヒタキ科
 ・サンコウチョウ
モズ科
 ・モズ
カラス科
 ・カケス・ハシボソガラス・ハシブトガラス
キクイタダキ科
 ・キクイタダキ
シジュウカラ科
 ・ヤマガラ・シジュウカラ
ヒバリ科
 ・ヒバリ
ツバメ科
 ・ツバメ
ヒヨドリ科
 ・ヒヨドリ
ウグイス科
 ・ウグイス・ヤブサメ
エナガ科
 ・エナガ
メジロ科
 ・メジロ
セッカ科
 ・セッカ
ミソサザイ科
 ・ミソサザイ
ツグミ科
 ・トラツグミ・クロツグミ・シロハラ・ツグミ・ジョウビタキ・ノビタキ
ヒタキ科
 ・キビタキ
スズメ科
 ・スズメ
セキレイ科
 ・キセキレイ・ハクセキレイ・セグロセキレイ
アトリ科
 ・アトリ・カワラヒワ・マヒワ・ウソ・シメ・イカル
ホオジロ科
 ・ホオジロ・カシラダカ・ミヤマホオジロ・アオジ・クロジ



 山口県下関市豊北町阿川4184
083-786-1468
info@iouan.com
Copyright © 2013 医王庵 All Rights Reserved.