home

医王庵とは

医王庵住人

医王庵 応援団

イベント お知らせ

医王庵日記 (ブログ)

医王庵の 生き物図鑑

販売物

access

link

  

医王庵住人

 白尾 公廣(父)
白尾公広  昭和53年に海外(イギリス、南アフリカ)に出て貿易などの仕事をした後、平成3年に帰国。米農家だった実家で農薬、化学肥料を使わない米作りを始める。
 もともと環境に対する意識が高かったこともあり、海外に出る前、当時無名だった自然農法の創始者、故福岡正信先生に会いに行ったこともあるそうです。
 地球に優しく、安心・安全でかつ美味しいものを作るために日々研究を重ねながら畑仕事をしている。

 白尾 和子(母)
白尾和子  東京で産まれ育ったため山口に嫁ぎに初めて実家を訪れたとき、外灯もなく当時は道路も舗装されていなっかったので逃げ出そうかと思ったそうです。
 もともと、田舎で暮らしたいとはまったく思っていなかったが、今はホテルに勤めながら出勤前に田んぼの草取りが日課になっている。

 白尾 良子(妻)
白尾良子  私とは高校時代の同級生で同じクラスでもありましたが特に接点もなく当時は話をしたことも無かったと思います。
 東京の大学を卒業後、NPO法人おおもり子どもセンター子ども交流センターに就職し児童館の先生になる。
 子どもの食育などを通じ、安心・安全な食べ物や環境に興味をもち、同窓会で私と再会したのをきっかけに里山造りのNPOにも参加。
 現在は2人の子どもを育てながら里山生活を満喫中。

 白尾 佑太(長男)
 東京で生まれるが2才の時に山口の実家に戻ったのをきっかけに生き物に目覚め、保育園から帰るとカニ籠のチェックから始まり、暗くなるまで網で虫や魚などを捕まえてます。
 3才の誕生日に「大きくなったら何になりたい?」と聞かれ、「バッタ」と答えてました。
 今は漁師になってクロマグロを釣り上げるのが将来の夢らしいです。

 白尾 美羽(長女)
 山口で産まれ、乳児のころから母親に田んぼや畑に連れられて育ったため2才を待たずして、援農に来て頂いてる方達から「ベテラン先生」と呼ばれてます。
 気づくと農作物を勝手にちぎって食べてしまう(実は害獣?)ワイルドなところもありますが、誰にでも愛想を振りまくうちの看板娘です。

 白尾 勝也(私)
白尾勝也  高校卒業後、東京に上京し、いろいろさ迷った末、子供のころから生き物が好きだったこともあり日本動物植物専門学院に入学。
 しかし半年で学校が倒産し、その後開発を反対するボランティア調査の代表をしていた田中希氏と出会う。そこで野生動物の調査技術などを学んだ後、フリーの野生動物調査員となる。
 現在は実家の山口に戻り、調査の仕事を続けながら実家の農業や林業などして生きてます。

 ショウ(♂)&スズ(♀)
モンキードッグ  下関市からモンキードッグ(サル追い犬)として認定されている愛犬たちです。
 医王庵では年に数回、サルの群れが訪れ、畑などを荒していきます。
 そこでショウとスズの出番です。 

 黒柏軍団
黒柏  山口県防府市が発祥の地とされ、天然記念物にも指定されているニワトリです。
 黒柏発祥の地と言われる玉祖神社から卵を譲っていただき、大切に放し飼いで育てておりましたが、獣に襲われてしまい現在は♀一羽になってしまいました。
 


 山口県下関市豊北町阿川4184
083-786-1468
info@iouan.com
Copyright © 2013 医王庵 All Rights Reserved.